アメリカで大流行のコンブチャとは

 

今、アメリカで大流行しており、ハリウッド女優など多くのセレブも飲用している健康飲料に、コンブチャというものがあります。この健康飲料は、コンブチャという響きから私たち日本人の想像するものとは違ったものとなります。

 

今アメリカで流行しているこの健康飲料、実は40年ほど前に日本で流行していたことのある、紅茶キノコと同じ飲み物なのです。紅茶キノコなのに、何故コンブチャという名称で販売されているかについては諸説ありますが、酵母茶が変化してコンブチャと言われるようになったのではないかとの説が有力です。

 

紅茶キノコは紅茶にキノコの様な形をした酵母菌や微生物の塊を入れ、砂糖などを加えることで紅茶を発酵させた飲み物です。アミノ酸や酢酸、ポリフェノール、乳酸菌、ビタミンなどを豊富に含んでいるため、デトックス効果アンチエイジング効果便秘の改善ホルモンバランスの調整免疫力の強化など様々な効果があるとされています。

 

アメリカにおいては、2010年ごろからコンブチャが徐々に広まってきており、多くのオーガニック食品メーカーなどが参入、スーパーマーケットや、専門店などでも販売されており、家庭で作ることなく市販品を購入して気軽に楽しめるものとなっています。

 

現在では、通常の紅茶をベースとした味の他に、独特の癖の強い味を抑えるため、グレープフルーツやレモン、ブルーベリー、ハーブなど各種のフレーバーがついたもの、クロレラなど他の健康食品を入れたものなどが販売されています。また、微炭酸であるコンブチャの炭酸を強くし、ソーダのようにさっぱりと飲める商品も販売されているなど、アメリカでのコンブチャのバリエーションは豊富なものとなっています。

 

また、日本における紅茶キノコブームは、1年ほどで終わってしまった一過性のブームでしたが、アメリカにおいてコンブチャの流行はここ数年続いており、アメリカ人の生活に浸透してきています。