最近話題のコンブチャや紅茶キノコについて

 

最近テレビやネットでよく取り上げられる、美容にいいといわれるコンブチャや紅茶キノコ。コンブチャと聞くと日本人なら聞きなれた単語に聞こえるかもしれません。しかしコンブチャは昆布とは無関係。実は今ハリウッドでも人気の最新美容ドリンクなのです。

 

そのコンブチャの正体が「紅茶キノコ」と呼ばれるものなのです。1970年代、健康食品として紅茶キノコは大ブームになりました。紅茶キノコとは、紅茶や緑茶に培地で栽培されたキノコ様のゲル状の塊を2週間ほど漬け込み、発酵させて作る「発酵健康飲料」です。

 

酵母菌で作った繊維の塊の形がキノコに似ているのが名前の由来です。コンブチャには酵素、必須アミノ酸、プロバイオティクス、ポリフェノール、乳酸菌、たんぱく質分解酵素、ビタミンB群、ビタミンC、葉酸、グルクロン酸など、多くの栄養素が含まれており、ダイエット効果だけでなくアンチエイジングなどの美容効果や免疫力の強化にも効果があるとされています。また自律神経の乱れや女性ホルモンの乱れの改善効果や基礎代謝の向上やヒアルロン酸の合成促進作用など、女性にうれしい効果が期待できます。

 

その他にもインフルエンザなどの感染症や、血流不全による頭痛、生活習慣病の派生、便秘や水虫の予防効果もあり、一目置かれる存在になっています。海外では簡単にスーパーなどで手に入るコンブチャですが、日本では発売されておらず入手困難でした。しかし最近ついに日本でも発売され気軽に購入できるようになりました。すでにドリンクタイプになっており、毎日お手軽にのめるものや、輸入品で手軽に楽しめるティーバッグやサプリメントも発売されています。

 

また紅茶キノコ教室で株分けしてもらったり、ネットでも株が手に入ることから、自家製で作っている人もいます。レシピ本も出ているので自家製にチャレンジしてみたい方にお勧めです。菌活しながら酵素もとれるコンブチャ。毎日飲むことによって、様々な効果が期待できそうです。